×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


愛犬は家族の一員ですよね。

愛犬は家族の一員
愛犬をペットとして飼われている人が多いでしょうが、愛犬は家族だと思ってください。

犬は愛犬と呼ばれますが、猫には愛猫とはあまり言われませんね。
犬は完全に家族なのですよ。


犬が家族の一員の意味

犬を飼うことは、子供さんの友達作りや生き物への愛情のある接し方を教えるのに非常に役立つ思います。

また子供さんが巣立て夫婦2人だけになった家庭で犬を飼われることもちょっとした寂しさを紛らわすにも非常に良いでしょうね。

ただし犬は完全に家族として飼ってあげてください。というのは犬は飼われている家を非常に大切に考えています。
誰が一番偉い人なのか、誰が自分より下のレベルのひとであるかをちゃんと区別できるのです。

例えば犬を飼っている家庭で赤ちゃんが誕生した時には、犬は自分より下のランクの家族だと判断するのです。

でも犬にはしつけで教えることが出来ますので、子供をしつけると同じ気持で犬に接してただしいしつけをしてあげてください。



愛犬を飼う前に考えること

愛犬を飼う前に考えて欲しいことを列記しておきますので、参考にしてください。

 ●どの程度の大きさの愛犬を飼うのか?
 ●しつけのしやすい愛犬か?
 ●愛犬の性格、運動や手間はどの程度必要か?
 ●誰が愛犬の世話をするのか?
 ●愛犬を室内で飼うのか、屋外で飼うのか?
 ●愛犬の毛は短毛か長毛か?
 ●近くに愛犬が運動できる場所があるか?
 ●愛犬の鳴き声は?

などなどをよく検討して愛犬を飼ってください。
そして愛犬を飼いはじめましたら、最後まで面倒をみてあげてくださいね。

愛犬を貰ってきたり、買ってきた場合に2〜3j日で愛犬は家族の一員との自覚を持つようになります。

そして健康管理と、他の人に迷惑をかけないようにしっかりと愛犬のしつけをしましょう。


愛犬の最後を看取る
愛犬を飼う時には楽しくてしかたがないというような気持で飼われる人が多いと思います。

しかし愛犬にもいつかは看取ってあげなければならないときが来るのです。
愛犬の寿命は最近では長寿の傾向があって17歳まで生きるともいわれています。

もちろん愛犬によって寿命には差がありますので、10歳をひとつの目安にしてください。愛犬の10歳といえば人間では60歳〜70歳程度なのですから。

愛犬が亡くなって悲しむ気持を子供さんに体験させることも、「命に対する」教育なのですね。

でも愛犬がいなくなると非常に寂しい思いをしなければなりませんね。
そんなときに創作●響感▼空彩画で愛犬のメモリアルを作成しておくことをおすすめします。
創作●響感▼空彩画
創作●響感▼空彩画ではあなたの愛犬の写真を送るとメモリアルアートとして素敵な額を作成してくれる会社です。家族の一員として過ごした愛犬をいつまでも忘れることがないようにぜひ創作●響感▼空彩画でメモリアルアートを作成してください。
左の画像をクリックしてもらえると創作●響感▼空彩画へメールを送ることができます。

「『愛犬は家族です。』を見ました。」と書いていただくと500円だけですが、安くしてくれるはずです。
なお、メールの件名には「『愛犬は家族です。』を見ました。」となっていますが、書き直していただいても結構ですし、そのまま送信していただいても結構です。




Copyright(C) 愛犬は家族です。 All rights reserved

関連サイト 赤ちゃんの笑顔